美人薄命の法則

表に出てこない優良求人に出会うなら転職エージェントに登録!

転職で年収アップ看護師薬剤師医師エンジニアIT/モバイル広告/マスコミアパレル

美人薄命の法則

山口を転職させることができない井野真々子に対し、カリスマ転職代理人・海老沢康生は「美人薄命の法則」の意味を考えろと言う。

真々子は最初はよく分からなかったが、様々な現実を見るにつれ、徐々に「美人薄命の法則」の意味に気づき始める。

そして、真々子は海老沢に対し、次にように「美人薄命の法則」の意味を説明する。

(1)就職人気ランキングに入るような企業でも、その時が最盛期で、後は落ち目になることが多い。

(2)皆、派手で急成長している企業に入りたがるけど、それは意外な落とし穴。

(3)美人に騙されるな。突然、命を落とすこともある。

この真々子の答えを聞いて、海老沢はさらに次のようにアドバイスする。

(1)人間も企業も見た目はともかく、健康で長生きが一番。

(2)「黒字経営を何年続けているか?」「創業年数は30年以上か?」など会社を選ぶ基準は数限りない考え方がある。

(3)世の中の価値基準だけが会社の価値じゃない。


【管理人の感想】
芸能界でもスポーツ選手でも、一時だけ活躍した人より長く活躍する人の方がリスペクトされますし、結果的に生涯年収も多いですからね。

ちなみに、goo辞書によると、美人薄命の意味は「美しい人は、とかく病弱であったり、数奇な運命にもてあそばれたりして、短命な者が多いということ」ということです。