お金という概念に縛られて自由を失っている

表に出てこない優良求人に出会うなら転職エージェントに登録!

転職で年収アップ看護師薬剤師医師エンジニアIT/モバイル広告/マスコミアパレル

お金という概念に縛られて自由を失っている

日頃の激務から倒れてしまい入院することになった証券ディーラーの石井。

脳梗塞で後遺症が残ってしまうので、証券ディーラーとしての復帰は難しいという。

この話を知ったカリスマ転職代理人・海老沢は井野真々子に次のように語る。

(1)健康管理もビジネスマンの勤め。

(2)自己管理を怠れば、勝負の世界から追われるのは当然。

(3)人間は自由じゃない。文明社会の中では、見えないだけで檻が存在する。

(4)その檻とはお金のこと。

(5)人はお金を手に入れれば、自由になったと思うかもしれない。

(6)でも、実は、お金という概念に縛られて、自由を失っている。


【管理人の感想】
確かに、お金に執着することは、お金という存在に縛られていると言えるかもしれませんね。

何かに縛られれば、それは自由とは言えないと思います。

しかし、お金があれば解決する問題もたくさんあるのも事実ですね。

要するに、月並みな言葉がですが、バランスが重要なんでしょうか?

ただ、1つだけハッキリしていることは、「金の切れ目は縁の切れ目」という関係で成り立っている人間関係だけはイヤですね。。

今回のストーリーでも、石井を見舞いに来た人は1人もいませんでした。

それどころか、仕事ができなくなった石井から皆離れてしまいました。

お金がなくなったら人としての価値もなくなるって、これはこれで悲しいですね。。


富山県の温泉旅館・温泉宿 目的・こだわりから選ぶ富山県の温泉宿

カードローン 安心