1人1人の小さな意識改革から日本が変わる

表に出てこない優良求人に出会うなら転職エージェントに登録!

転職で年収アップ看護師薬剤師医師エンジニアIT/モバイル広告/マスコミアパレル

1人1人の小さな意識改革から日本が変わる

カリスマ転職代理人・海老沢が言う「日本支配計画」がよく分からないと言う転職アドバイザー井野真々子。

海老沢は真々子に、「日本支配計画」について分かりやすく説明する。

(1)「支配」と言うからややこしくなるが、「日本支配計画」は日本を変える、日本を良くする計画。

(2)日本の経済はここまま放っておいてはダメになってしまう。

(3)みな、危機意識が薄い。心のどこかで国がなんとかしてくれると思っている。

(4)医療、司法、教育。この3つを守らなくては日本は崩壊してしまう。

(5)この3つに加え、環境、情報、福祉、農業などの支援が必要な産業を保護していく必要もある。

(6)だから、国に頼らず、世の中を変えるためにこの計画を実行しようとしている。

(7)「普通のサラリーマンには日本を変えることなんて無理」という固定概念、思い込みは捨てるべき。

(8)1人1人の小さな意識改革から、日本を変えることが始まる。

(9)今までの価値観を捨てないと、人は幸せにはなれない。


【管理人の感想】
最終回ということで、「あなたの意識が変われば、日本がもっと良くなる」という視聴者に対するメッセージが前面にでている内容になっていますね。

国民1人1人が「国がなんとかしてくれる」「政治家がもっとがんばるべき」と思っていては、その国が良くなる訳がないですよね。

すべて他人任せですから。。「誰かがなんとかしてくれる」と思っていても、何も良いこと起こらないです。

「何か欲しいモノがあれば、自分から手を伸ばして取りにいく」というのは基本ですからね。

国民1人1人の意識が高まれば、政治家も官僚もふざけたことがしずらくなるでしょうし。

「塵も積もれば山となる」って、1人1人の意識にも当てはまることだと思います。

「人生を切り開く」とよく言いますが、切り開くのは自分以外にないですからね。


さて、テレビ版「エンゼルバンク」はこれで終了ですが、原作であるコミックではもっとたくさんの転職事情を扱っています。

ですから、コミック版エンゼルバンクも読むことをオススメします!